Carrier-Belleuse, Rodin’s Master

2014 年10月27日まで、パリの郊外Palais de Compiegneにて「Carrier-Belleuse展」が開かれています。日本では彫刻家ロダンの方が有名ですが、キャリエベルーズは19世紀に 活躍した彫刻家でロダンの先生でもありました。現在もパリ・オペラ・ガルニエやその他多くの建築物に彼の作品が残っています。そしてベベジュモー「トリス テ」は、エミールジュモーがCarrier-Belleuseに依頼して作られたジュモードールの傑作でもあります。