Outstanding Jumeau Parisienne Doll

 シャルル・ペロー作「ロバの皮」の物語の衣装をまとった、素晴らしいジュモーファッションドール。そのまばゆい美しさに言葉はありません・・・そして19世紀のクチュリエが、ひとつ、ひとつ縫い付けたパールの数は、いったい幾つなのでしょうか・・・

・・・金を生むロバを持つ王様は幸せに暮らしていましたが、ある日お妃様が「再婚するなら私より美しい人と・・」と言い残し亡くなってしまいます。途方にくれた王様は新しいお妃様を捜しますが、先のお妃様より美しい女性はおりませんでした。一人娘のお姫様をのぞいては・・・
そ して、とうとう王様は娘に求婚するのでした。困ったお姫様は妖精に相談し、王様へ難題を突き付け求婚を逃れようとします。お姫様が、空のドレス、月のドレ ス、太陽 のドレスを要求すると、王様は難なく素晴らしいドレスを作らせました。さらに困ったお姫様は、王様が大切にしている、金を生むロバの皮を欲しいと申し出ま す・・・王様がとても大切にしている金を生むロバを殺すはずは無いと思ったのでしたが、この難題も王様はやり抜けてしまいます。とうとう、ロバの皮を着て お姫様は王様から逃げ出すのでした・・・・