Rare Paper Mache French Bebe Doll

パピエマッシェの人形の歴史は古く、ビスクヘッドの人形が作られる1855年まではフランスでもっともポピュラーでした。ジャーマンメーカーのアンドレア・ヴォィットは有名で、1837-1869年に沢山のパピエヘッドをフランスへ納めていました。この頃ジュモーやシュミット、ブリュもパピエマッシェヘッドを使い人形を作りました。ビスクヘッドを使う様になり数は少なくなりますが、SFBJ期の1920年頃まで製作されました。

大きなブルーグレーのグラスアイを持つ女の子、控えめにあいた小さな口が可愛いらしいフレンチ・パピエマッシェドール、1890年頃、ジェスランボディ、約58cm