Giacometti Exhibition in Monaco

Alberto Giacometti Monte-Carlo Exposition, Summer 2021

鳥の鳴き声で目が覚めると…大きな太陽が今日も暑くなるよ!と挨拶しています。それじゃあ、早くから出掛けましょう!と言う事で、ビーチサイドにあるフォーラムで夏の間展示されているジャコメッティを観に行きました。随分前にファーゴ財団美術館で見た時から、私の好きな作家の一人です。こんな彫刻があったら素敵だなぁ…お部屋の何処に置こうかしら…なんて考えながら観るのが好きです。勿論私の頭の中のお部屋ですが…何とも楽しい時間です!

 

アルベルト・ジャコメッティ(1901〜1966年)は、戦後のフランスで最も高い評価を得る彫刻家の一人です。スイスで生まれたジャコメッティは、画家であった父親ジョヴァンニ・ジャコメッティの影響を受け美術を学びます。彼はベネチア、ローマ、1922年からパリへ移住し、ロダンの弟子アントワーヌ・ブールデルのもとで彫刻を学びます。

 

ジャコメッティの代表的な細くて長〜い人の彫刻は1947年から始まります。ジャコメッティは自身の作品について、女性を見た時に感じる感覚を表現していると説明しています。1962年にヴェネツィア・ヴィエンネーレの彫刻でグランプリを受賞したのをきっかけに名前が知られるようになります。彼の肖像や作品はスイスフラン札にも使われました。2015年のクリスティーズでは、彼の代表的なブロンズ像「指を指す男」は、史上最高額の1億4100万ドルで売買されました。