Manet Paris Fashion in 1880

 
 
1880年の夏、モネはとても心配していた。それは自分の病状(梅毒)とその治療の為、Meudonのベルヴュウのクリニックへ行けなければならなかったからである。そこはパリから遠く、又彼の妻や息子からの軽蔑の眼差しを気にし不機嫌になった。彼のうんざりするさせるきぶんを楽にする方法は鉛筆又は絵具でエンドレスで絵を描く事だった。そして彼は友人、
パリ・ヴァンドーム広場のジュエラーで有るレモナール家とフォーブル・サントノーレで洋品店を開くギルメッツ氏へ彼の絵を託したのだった。
 
※帽子をかぶったエレガントであり、活力ある若い女性の特徴を描いた作品(モデルはマダム・ギルメッツの妹)